吐き気よ、

さようなら

以前はクラウンやブリッジを作成する際にに必要な歯牙の型取りをする際に、口腔全体の中に粘土のような塊を入れて取りました。

それによって患者様には吐き気を催したり、呼吸困難になることも。

私どもは当診療所ではCAD-CAM-Technologie (CEREC / inLab)テクニックを用い、治療を要する歯の大きさと同じサイズの、小さな型取りをするだけで済むようになりました。

時には、例えばインレーや、クラウンなども3Dカメラを使用して、視覚的型取りを行うことも可能です。

口腔内の写真を撮影しそれをコンピューター加工処理します。そこで歯型のバーチャルイメージ画像が出来上がるわけです。

特殊機器を使用して、治療を要する歯を1本ずつセラミックブロックで削ります。時によっては、1回の受診で済むことも。

ブリッジその他広範な義歯の場合は、シリコンを使った型取りになりますが、必要最小限で済みます。