虫歯をきれいにし、その進行を防ぐ新しい方法があります。まったく痛みなし、麻酔なしで、1回だけの御来院で完了する“虫歯の浸潤”がそれです。

虫歯の浸潤では、いたんでいる歯の表面に、まず焼灼ジェルをつけて、準備します。その後、その場所をアルコールで乾かして、特別の合成樹脂でつめます。(浸潤) 最後に、これが光をあてて硬く固定され、密閉されます。このように、虫歯の進行が、ストップされます。

とても効果的なのは、この方法を、洗浄するのが非常にむずかしい歯間の 虫歯の治療に使う時です。

しかし、正直なところ、虫歯の進行が、ある程度の段階をすぎたら、やはり 今までどうり、削りバーの使用が必要となります。