吐き気にはもう悩まされません

今まで、冠や、ブリッジを作る場合に、口腔一杯に、粘土のような物をつめて、歯の型を取らなければなりませんでした。

ほとんどの患者様が、この際、吐き気と呼吸困難をもよおしました。

当院はCAD-CAM-テクノロジー(CEREC/研究室に設置)を使って、治療される歯 だけの小さい型をとれば足りる方法を、提供しています。

また、例えば、インレーや冠を仕上げる場合、視覚上の型を、3Dカメラの助けを 借りて、取ることが可能です。この時は、口腔で一枚の写真が撮られ、それがコンピューターで処理されます。そして、写真データで、仮想の歯のモデルを仕上げることができるのです。その後、特別な機械が、セラミックの塊りから該当の 歯に合う形を、フライス盤で削ります。

ブリッジや、大きめの義歯に関しては、今までどおりのシリコンの型を、できるかぎり小さく作成して、使うこととなります。