気になるところを根元から治す

歯根管治療とは、高額になるブリッジやインプランタートを回避し、自分の歯を保持する唯一の方法です。

歯の根元にある神経が炎症を起こした場合に、この治療が必要になります。とても深い部分に虫歯が起きているのが原因の一つです。

歯根幹部はとても繊細で、枝分かれし、湾曲しているので、とても精密に治療する必要があります。

ですので、治療時間がほかの治療に比べ長く、何度か通院していただくことになります。

感染根管治療では、根管内の菌や炎症のある組織を徹底的に取りのぞき、無菌状態に近づけることが肝心です。

その後、消炎効果のある抗生物質を塗布し、歯を仮閉します。次回ご来院時に追加症状のない場合には、細菌が侵入しないよう根管充填でしっかりと密封します。

このメソッドは高度完治率を得られると高い評価を受けています。