歯がぐらぐら

しないように

歯周炎、いわゆる歯周病とは、歯を支える組織、特に歯ぐきと歯を支える骨の病気のことです。細菌の集団で ある歯垢(バイオフィルム)と歯石は、歯ぐきの 炎症と骨の後退をひきおこし、その結果、歯のぐらつき、そして最後には歯の損失へとつながります。

それどころか、歯周病のある場合には、心筋梗塞、脳卒中、流産や早産の発生リスク率が高いという医学的研究 結果がでています。この疾患は痛みを伴わないことが多いため、発見が遅れてしまうことが多々あります。

よくある症状は、口臭、口の中がまずい、歯ぐきを押したり触ったりした時の痛みがある、そして歯ぐきからの出血などです。

これは当院での定期的検診をなされば、予防することができます。

また、疾患の重度によって様々な治療の選択肢をご提供しています。

時には歯ぐき上部、または歯ぐきで隠れた部分の歯の表面層のデンタルクリーニングで済む場合もありますし、外科手術が必要だったり、そして失われてしまった組織の再生といった幅広い内容となることもあります。

体に負担の少ない、歯周囲顕微外科的方法を用いて、破損された歯茎ぐきと骨が再生されることも頻繁にあります。

どういった治療方法が適切か、個別にご相談を受け、皆さんのご質問にお応えするためにも、一度ご予約をお取りください。